子宮筋腫を知ろう

子宮筋腫

30~50代の女性に多く見られる子宮筋腫ですが、近年は20代の人にも増えている、ごくありふれた病気です。無症状のことも多いので、強い生理痛などで異変を感じたときには、かなり子宮筋腫が大きくなっていることも少なくありません。子宮は、妊娠・出産に関わる大切な臓器です。子宮筋腫の早期発見のため、当サイトが少しでも役立てばと思います。

子宮筋腫の病院選び

子宮筋腫の治療をするには、病院選びが重要です。治療の実績があり、信頼できる専門医のいる病院を選びたいですね。デリケートな部分の診察をすることになるので、気になる人は、女性医師がいるところを受診してみましょう。ここで、病院選びのポイントを紹介します。

周囲の評判

初めて行く病院を選ぶ際には、周囲の評判も参考の1つにしましょう。もちろん、良し悪しの感じ方は人それぞれですが、「いつも混んでいる」「先生が親切」など評判の良い病院は、選択肢に入れても良いですね。

院内の雰囲気・スタッフの対応

院内の雰囲気やスタッフの対応のしかたは、実際に行ってみないと分かりにくいものです。ただ、電話で問い合わせをしたときの対応や、病院のホームページなどに載っている写真などから、雰囲気をおおまかに知ることはできます。

通院のしやすさ

どの病院でもそうですが、自宅から近くて通いやすい病院を選びましょう。特に、体調が思わしくないときなどは、移動も大変なので、近いほうが助かります。

サイトのご案内

当サイトの紹介を簡単にしていきましょう。子宮筋腫がどんな病気なのかを知り、早期発見・治療につなげてください。

子宮筋腫の基礎知識

子宮筋腫ができる原因や種類、症状、どんな人がなりやすいかなどを紹介しています。子宮筋腫の基礎知識を身に付け、いざという時に備えましょう。

子宮筋腫の検査と診断

婦人科での検査は、恥ずかしさもある上、痛みを伴うことも多いため、躊躇してしまいがちです。検査内容を知って、きちんと受けるようにしましょう。

子宮筋腫の治療方法

子宮筋腫の治療は、どんなことをするのでしょうか。医師とよく相談しながら、リラックスした気持ちで、治療に臨みましょう。

子宮筋腫で気をつけること

子宮筋腫に合併しやすい病気や、経過観察など、注意すべきことを紹介しています。治療後も、定期検診を欠かさず、あまり無理をせずに過ごしましょう。

犬が威嚇している時、一刻も早く今の状態を止めさせようと強く叱りつける飼い主も多いでしょう。しかし、これまで述べてきたように威嚇という問題行動にはいくつかの理由があります。犬の威嚇を直すには闇雲に叱るのではなく、問題行動をとる理由を把握してそれに合った対処法を講じることが重要です。

Posted by u_coron


PAGE TOP