子宮筋腫を知ろう

成人女性が発症する可能性のある病気「子宮筋腫」

基礎知識

子宮筋腫とは?

投稿日:

子宮筋腫とは?

子宮筋腫とは?

女性であれば、誰でも発症する可能性がある病気の1つに、子宮筋腫が挙げられます。子宮にできる良性腫瘍で、20~30%の成人女性が持っていると言われ、決して珍しい病気ではありません。子宮筋腫は、30~50代半ばくらいまでの女性に多く見られますが、近年では20代の患者も増えてきています。

子宮の構造

子宮筋腫の説明をする前に、筋腫ができる場所の「子宮」の構造について見ていきましょう。女性にとって大切な臓器の子宮は、膀胱と直腸の間にあり、伸縮性のある平滑筋(へいかつきん)と呼ばれる筋肉でできています。その両端には、1つずつ卵巣がつながっていて、子宮と卵巣は卵管によって結ばれています。

外側と内側

子宮は、子宮頸部(子宮の入り口になる部分)と、子宮体部(子宮頸部の上にある袋状になった部分)から成っています。一番外側には腹膜(子宮外膜)があり、その内側に子宮筋という平滑筋の厚い層があります。さらに、その内側にはやわらかい子宮内膜が存在します。

2つの層

特に、子宮内膜は、妊娠や生理に直接関係する重要な部分です。筋肉側が「子宮内膜基底層」、内腔側が「子宮内膜機能層」となっています。この2つの層は、それぞれ異なった役割を持っていて、機能層は妊娠に備えて変化していき、剥がれ落ちたものは生理として、体外に排出されます。一方の基底層は、剥がれ落ちずに、生理で傷ついてしまった内膜を元通りにし、次の生理周期に向けて再生します。

子宮筋腫ができる原因

多くの女性が、「筋腫の芽」を持っていると考えられています。この芽が大きくなっていけば、様々な症状を招く可能性もありますが、大きくならずに、何の問題も引き起こさない場合もあります。

そもそも、筋腫ができる原因とは何なのでしょうか。

異なる筋肉細胞

母親のお腹にいるときに、赤ちゃんの子宮の筋肉が作られ始めるのですが、このときに、何か少し普通とは異なる筋肉細胞が作られてしまうのかもしれません。その筋肉細胞が思春期以降、女性ホルモンの影響で少しずつ育っていき、何年もかけて大きくなり、やがて子宮筋腫となるのではと考えられます。

毎月の生理

もう1つの原因として考えられるのは、毎月の生理です。妊娠に向け、毎月の生理の度に細胞を増やす準備をしている子宮の筋肉が、妊娠しない状態が続くと、その作業を何度も中断することになります。そうなると、細胞に異常が起こってしまうことも。つまり、生理の繰り返しが「筋腫の芽」を作り出す原因ともなり得るのです。

 

子宮筋腫の種類

子宮筋腫は、筋腫のできる場所によって、大きく「子宮体筋腫」と「子宮頸部筋腫」の2種類に分けられます。このうち、子宮体筋腫は、さらに細かく3種類に分けることができます。

子宮体筋腫

一般的に子宮筋腫と言われるもののほとんどは、子宮体筋腫のことです。これは、子宮体そのものにできる筋腫で、場所によって3種類に分けられます。

筋層内子宮筋腫

子宮の筋肉の内側にできる、一番多い種類です。筋腫が小さなうちは、症状が出ないことも多いですが、大きくなると過多月経などが見られます。

漿膜(しょうまく)下子宮筋腫

子宮の外側を覆っている漿膜という部分にできます。ある程度大きくならなければ、筋腫に気づかないことも少なくありません。頻尿や腰痛などが起こる場合があります。

粘膜下子宮筋腫

子宮の内側の粘膜にできます。小さな筋腫でも、過多月経や不正出血などの症状が強く出ます。これは、不妊の原因とも言われています。

子宮頸部筋腫

子宮の入り口に近い部分にできる、ごくまれな筋腫です。大きな筋腫の場合は、尿路を部分的にふさいだり、膣(ちつ)の中にはみ出していることもあります。こうなると、潰瘍化したり、出血したりといった症状が起こります。ですが、大半は、無症状の場合が多いです。

-基礎知識
-, , ,

執筆者:

関連記事

子宮筋腫になるとどんな症状が出る?

子宮筋腫になるとどんな症状が出る?

子宮筋腫になるとどんな症状が出る? 子宮筋腫は多くの場合、小さなうちはほとんど何の症状も見られませんが、筋腫が大きくなるにつれて、様々な症状が現れるようになります。一体、どんな症状が出てくるのでしょう …

子宮筋腫になりやすい人

子宮筋腫になりやすい人

子宮筋腫になりやすい人 子宮筋腫は、すべての女性にできるというわけではありません。30~50代の女性に多いとされていますが、その中でも特になりやすい人がいます。果たして、どんな人が子宮筋腫になりやすい …