子宮筋腫を知ろう

成人女性が発症する可能性のある病気「子宮筋腫」

気をつけること

子宮筋腫の合併症

投稿日:

子宮筋腫の合併症

子宮筋腫の合併症

子宮筋腫を持つ人が合併する病気に、子宮内膜症や卵巣嚢腫が挙げられます。これらも、子宮内膜や卵巣に異常が起こるもので、女性にとっては重大な病気です。子宮筋腫の合併症としては、それほど頻発するものではありませんが、どういった合併症なのかを知っておくようにしましょう。

子宮内膜症とは

子宮内膜症とは、子宮の内側を覆っている膜が、他の場所で増えていく病気です。子宮内膜と同じような組織が、子宮の表面や腹膜、卵巣、子宮の後ろ側のくぼみ(ダグラス窩〈か〉)などにできます。一般的には20~35歳くらいの痩せ型で、胃下垂タイプの人に多いとされていますが、最近では10代の女性にもよく見られます。

卵巣に発生することが一番多く、古いドロドロした茶色の血液が溜めるため、「チョコレート嚢腫(嚢胞)と呼ばれます。その他、子宮筋層内に発生すると「子宮腺筋症」、肺やへそなどに発生すると「骨盤外子宮内膜症」となります。

主な症状

子宮内膜症では、痛みの強さと病気の重症度が、必ずしも一致するわけではありません。病変が広がっていても無症状だったり、逆に小さな範囲であっても強い痛みが出ることもあります。また、他の臓器との癒着が激しくなり、子宮内膜症が進行すると、様々な症状が現れます。次に紹介するものを「子宮内膜症の3大症状」と言います。

生理痛

子宮の収縮が激しくなるため、ひどい生理痛に見舞われます。日常生活に支障が出るほどの症状になることも珍しくありません。

骨盤痛

子宮内膜が骨盤内の臓器と癒着することで、生理のとき以外にも、引きつるような下腹部痛を感じたり、慢性的な腰痛になったりすることがあります。また、排便痛も見受けられます。

不妊

子宮内膜症と不妊との因果関係はハッキリしていませんが、腹腔内に異物が増え、癒着によって、卵管の通りが悪くなるため、それが不妊につながると考えられています。

卵巣嚢腫とは

卵巣嚢腫とは、卵巣にできる良性腫瘍のことです。卵巣は毎月排卵し、頻繁に細胞分裂しているので、腫瘍ができやすいところだと言えるでしょう。良性と悪性の見分けがつきにくいため、ちゃんとした検査を受けなければなりません。

また、この卵巣嚢腫は、卵巣の中に溜まった物質の種類によって、いくつかのタイプに分けられます。水のような液体が溜まったものを「漿液性(しょうえきせい)嚢腫」、ドロドロの粘液が溜まったものを「粘液性嚢腫」、髪の毛や歯、脂肪などが溜まったものを「皮様(ひよう)嚢腫・成熟嚢胞性奇形腫」と言います。

主な症状

英語で「silent tumor(静かな腫瘍)」と言うように、卵巣嚢腫は何の症状もないのが一般的です。ただ、腫瘍が大きくなってくると、下腹部の出っ張りが目立つようになったり、茎捻転(けいねんてん)といって、嚢腫の根本がねじれたりすると下腹部に激しい痛みを感じます。

子宮内膜症・卵巣嚢腫の治療法

子宮内膜症や卵巣嚢腫も子宮筋腫と同じように、症状の重症度や妊娠・出産の希望、年齢などを考慮して、治療方法を決めます。

子宮内膜症の場合、軽度~中度なら、子宮筋腫同様、鎮痛剤やホルモン剤を用いた治療を行われます。一方、卵巣嚢腫の場合は、薬物治療は行いません。また、どちらも重症の場合は、手術をすることになります。

子宮内膜症の場合

子宮内膜症病巣除去術、または子宮全摘術が行われます。前者は、子宮や卵巣の正常組織を残したまま、病巣のみを取り除く方法です。後者は、子宮をすべて摘出する方法です。子宮とともに卵巣も取り除くと、再発の心配がなくなります。また、どちらも、開腹手術と腹腔鏡手術があります。

卵巣嚢腫の場合

卵巣嚢腫摘出術、または付属器摘出術が行われます。前者は、卵巣の正常組織を残したまま、腫瘍のみを取り除く方法で、良性のものに限って施されます。後者は、卵巣と卵管を取り除く方法です。また、どちらも、開腹手術と腹腔鏡手術があります。

-気をつけること
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

子宮筋腫の経過観察

子宮筋腫の経過観察

子宮筋腫の経過観察 子宮筋腫の場合、経過観察がとても重要です。【治療を始める前に】で説明しているように、無症状のことが多い子宮筋腫では、定期検診を受けながら経過観察となる人がたくさんいます。さらに、術 …