子宮筋腫を知ろう

成人女性が発症する可能性のある病気「子宮筋腫」

気をつけること

子宮筋腫の経過観察

投稿日:

子宮筋腫の経過観察

子宮筋腫の経過観察

子宮筋腫の場合、経過観察がとても重要です。【治療を始める前に】で説明しているように、無症状のことが多い子宮筋腫では、定期検診を受けながら経過観察となる人がたくさんいます。さらに、術後の経過観察も欠かせません。ここでは、主に子宮筋腫の手術後の経過観察について見てみましょう。

どれくらいで回復するの?

多少の個人差はありますが、子宮筋腫の手術後1ヶ月もすれば、普通の日常生活に戻れるでしょう。手術の翌日には自力歩行ができ、ちゃんとガスが出れば、食事(流動食)もスタートします。入院期間は個々で違いますが、術後2週間程度と思ってください。

退院後は?

退院後は、自宅でしばらく静養しましょう。子宮筋腫に対しては、手術治療をするにしても、一般的にそれほど大がかりな手術が行われるわけではありません。ですが、退院後すぐに、あれこれと動き回らないほうが良いでしょう。疲れを感じたら無理をせずに、すぐ休むようにしてください。

日常生活での注意点

退院後、しばらく経って、だいぶ体調が元の調子に戻ってきたかなと思っても、重いものを持ったり、立ちっ放しの作業などはできるだけ避けるようにしてください。ここで、日常生活で特に気をつけたほうが良いことを挙げてみます。

運動

まず、術後1ヶ月間は自転車に乗ったり、車の運転をするのは止めましょう。少しでも早く体調を戻すためにも、適度な運動は大事ですが、無理は禁物です。自分の体調と相談しながら、少しずつ始めましょう。子宮筋腫の手術をしてから半年くらいは、激しい運動は避けてください。

入浴

入浴に関しては、術後1ヶ月間はシャワーであればOKです。特に子宮を摘出した場合、膣の傷口がふさがるまで、約4週間かかるとされています。なので、バスタブに浸かっての入浴は止めておきましょう。体を洗うときも、腹部の傷口の部分はガーゼを使い、優しく洗ってください。

子宮筋腫の術後の痛み

子宮筋腫の手術をした後の患部の痛みは、日を追うごとに軽くなっていくので、基本的には心配ありません。ただ、下腹部の痛みが続くようなら、手術の結果生じた癒着が原因かもしれないので、医師に相談しましょう。痛みが強い場合は鎮痛剤を用いることもありますが、短時間で治まるような軽い痛みなら、あまり神経質になる必要はありません。

卵巣を摘出した場合

筋腫だけではなく子宮をすべて摘出したときに、卵巣も取った場合は、片方の卵巣が残っていれば、術後の一般的な痛み以外に、特別な症状は何もありません。一方で、両側の卵巣を取った場合は、女性ホルモンの分泌が減るため、ほてりや動悸といった更年期症状が出ることもあります。この症状が辛いときは、ホルモン補充療法を受けることができます。

術後の定期検診

子宮筋腫の手術を受けたからといって、もう良くなったと思い、まったく病院に行かなくなってしまうのは良くありません。筋腫のみを取り除いた場合は、子宮が残っているので、再発してしまうことも考えられます。また、再発はしなくても、ガンなど別の病気が発症するおそれもありますし、子宮を摘出して卵巣を残している場合も、卵巣腫瘍などの病気が発症することもあります。このような子宮筋腫の再発や、他の病気の発症の防止・早期発見のためにも、定期検診を欠かさず受けましょう。

-気をつけること
-, ,

執筆者:

関連記事

子宮筋腫の合併症

子宮筋腫の合併症

子宮筋腫の合併症 子宮筋腫を持つ人が合併する病気に、子宮内膜症や卵巣嚢腫が挙げられます。これらも、子宮内膜や卵巣に異常が起こるもので、女性にとっては重大な病気です。子宮筋腫の合併症としては、それほど頻 …