子宮筋腫を知ろう

成人女性が発症する可能性のある病気「子宮筋腫」

検査と診断

子宮筋腫の基本的な検査

投稿日:

基本的な検査

重い生理痛や貧血、不正出血などの症状から子宮筋腫が疑われる場合は、詳しい検査をする必要があります。詳しい検査に入る前に、まずは病状を把握するため、問診を行うので、「いつから、どんな症状が出始めたのか」などをできるだけ具体的に医師に伝えましょう。前もってメモしたものを持って行くことをお勧めします。

視診・外診

問診が終わったら、全体の健康状態や腹部・外陰部の状態をチェックしていきます。炎症の有無や程度などを見ます。子宮筋腫が大きくなっている場合、腹部を軽く押すだけでシコリのようなものが触れるので、わりとすぐに判断することができます。

自分でもチェック可能

この検査方法は、自分でも行うことができます。気になる人は、入浴時などに自分の下腹部に触れてみて、シコリがないかを確かめてみましょう。筋腫が小さなうちは分かりませんが、大きくなると触れるため、もし見つけたら早めに受診してください。

膣鏡診・細胞診

視診・外診の次は、膣鏡診・細胞診を行います。これらの検査では、膣が感染症を起こしていないか、子宮頸がんの有無などを確認することができます。どちらの検査も、特別な痛みを伴うものではなく、すぐに終わります。

膣鏡診

膣鏡という専用器具を使って行う検査です。膣内や子宮の入り口などを観察して、出血をしていないか、分泌物の状態などを調べます。

細胞診

細胞診は、膣鏡診を行ったときに、子宮頸部の表面をこすって細胞を採取します。そして、がんの有無を確かめます。子宮筋腫だと思って検査を受けたら、この細胞診でガンが見つかる場合もあるため、とても重要な検査と言えます。

内診・直腸診

内診・直腸診で、子宮や膣内の状態をもっと詳しく診ていきます。医師が手術用の手袋をつけて直接患部に触れながら診察するので、子宮や膣内の状態をより良く知ることができます。

内診

肛門から人差し指あるいは、人差し指と中指を膣内に入れて、もう片方の手はお腹の上に置きながら、診察を行います。この検査では子宮の大きさ、形、表面の状態、硬さなどを調べます。この他、周囲との癒着の有無についてもチェックします。

直腸診

肛門から人差し指、または中指を直腸内に入れます。これで、子宮内膜の状態も確認することができます。子宮筋腫の合併症とも言われる、子宮内膜症の早期発見にもつながります。医師によっては、病状などから内診を行わず、直腸診のみを行う場合があります。

超音波検査

超音波検査では、筋腫の有無や数、大きさなどを確認することができます。いくつか行われる子宮筋腫の検査の中でも、この超音波検査はよく用いられる方法です。大きくは、「経腹超音波検査」と「経膣超音波検査」の2つに分けられます。

経腹超音波検査

超音波が出るプローブという専用器具をお腹に当てて、子宮や卵巣の状態を画像として映し出します。病状が進み、筋腫が大きくなっている場合に、全体像や子宮との位置関係が良く分かります。痛みを伴わず、簡単に受けることができます。

経膣超音波検査

専用の機械を膣内に入れて、画像として映し出すのが、経膣超音波検査と言います。この検査は、筋腫が小さくても発見できる点がメリットです。痛みは、ほとんどありません。

-検査と診断
-, , ,

執筆者:

関連記事

子宮筋腫の基本的な検査

必要に応じて行う検査

必要に応じて行う検査 【基本的な検査】で大きな子宮筋腫が見つかった場合、効果的な治療を行うためにも、より詳しい検査が必要になります。病状によって、行われる検査の種類は異なりますが、ここでは代表的な検査 …