子宮筋腫を知ろう

成人女性が発症する可能性のある病気「子宮筋腫」

治療方法

子宮筋腫の薬物治療

投稿日:

薬物療法

子宮筋腫の薬物治療

辛いと感じるような自覚症状があったり、比較的大きな筋腫がいくつかあるなどといった場合は、薬物治療を受けることになります。子宮筋腫を根本から治す治療薬はありませんが、その症状を和らげるための薬や、筋腫を小さくするためのホルモン剤をうまく組み合わせることで、辛い症状を軽くすることができます。

どんな時に薬物治療をする?

子宮筋腫で薬物治療が必要となるのは、主にめまいや貧血、生理痛などの辛い症状が見られる場合とされます。そのようなケースでは、筋腫も比較的大きくて、しかも1つだけではなく何個かあることが多いですが、それらの筋腫を薬によってできるだけ小さくする、または自覚症状を軽くするのが、子宮筋腫の際に行われる薬物治療の目的です。また、手術前の補助的な治療として、薬が使われることもあります。

対症療法として行う

そもそも、子宮筋腫に対しては、根本的な治療薬がありません。そのため、薬物治療も基本的には、対症療法として行われます。めまいを治したり、生理痛を和らげたり……自覚症状を軽減するために、薬を用いるのです。なので、薬物治療を受けたからといって、筋腫が消えてなくなるわけではないので、勘違いしないようにしましょう。

子宮筋腫の治療に使う主な薬剤

子宮筋腫の治療には、一体どんな薬剤が使われるのでしょうか。主な薬剤を紹介しましょう。

鎮痛剤

痛みのあるときは、市販の鎮痛剤を購入したり、強い痛みの場合、より効果の高い病院での処方薬を使ったりします。また、場合によっては、鎮痙剤(ちんけいざい)といって、子宮を緩める作用のある薬も効果を発揮します。さらに、月経困難症の治療には、プロスタグランジン合成阻害薬がよく用いられます。この薬は、生理痛の原因と言われるプロスタグランジンという成分の過剰分泌を抑えるもので、これによって辛い痛みを和らげることができます。

ホルモン剤で子宮筋腫を治療

子宮筋腫では、偽閉経療法が行われることもあります。この治療法はホルモン剤を使って、女性ホルモンの分泌を抑えることで、一時的に生理を止めて、筋腫を小さくするというものです。ホルモン剤の投与を止めると、筋腫は元の大きさに戻ってしまいますが、ほてりや多汗といった症状が副作用として出る可能性があるため、長期投与することはできません。

漢方薬の効果

近年では、普通の鎮痛剤と漢方薬を併用し、子宮筋腫の症状改善に高い効果が見られたケースも増えてきています。漢方薬は、生理痛を和らげるために昔から使われてきましたが、その良さが見直されているのです。それほど大きくなっていない筋腫であれば、妊娠を望んでいる人、また妊娠中の人で症状が悪化してしまった人などに効果的と考えられます。この他、筋腫持ちの人に起きやすい冷え性や痔などの症状も緩和してくれるので、助かりますね。

医師によっては、漢方薬のみを処方することもあります。いずれにしても漢方薬を使った治療を望むのなら、東洋医学において実績のある専門医を選ぶことが、治療の効果を高める鍵となります。

-治療方法
-, ,

執筆者:

関連記事

子宮筋腫の手術治療

子宮筋腫の手術治療

子宮筋腫の手術治療 自覚症状があり、子宮筋腫が大きく、妊娠・出産を望んでいてもそれを妨げるような場合は、手術を行うこともあります。手術を受けることになったら、「なぜ手術するのか」「どんな方法で」「一般 …

治療を始める前に

子宮筋腫の治療を始める前に

子宮筋腫の治療を始める前に 様々な検査の結果、子宮筋腫が確認されたら、まず治療が必要かどうかを医師が判断しなければなりません。筋腫が小さければ、経過観察をすることもありますし、手術が必要となれば、薬物 …